ハンドボールとジュニア世代

ジュニアアスリートトレーニング担当の出井(でい)です。

縁あってハンドボールの大会の
トレーナーもしています。

ハンドボールは
どちらかといえば
マイナーな競技の扱いなのでしょうか。

バスケと同様に
かなり怪我の多いスポーツです。

特に、
膝や足首をひねってしまう怪我はかなり多く、
ジャンプの着地など
かなり大きな負荷がかかり
負傷してしまうことが多いので
重症化することも多々。

最大の予防は
身体能力の高さです。

身体をうまく使いこなすことができる人は
多くが姿勢、動作の綺麗さを保ち、
衝突や無理な着地の回避などが上手です。

私共がトレーニングだけでなく、
治療やリハビリでも
獲得を目指している要素です。

どうしても競技のクラブでは
できている子に目をやり、
勝ちにこだわってしまいますが、

ジュニアアスリートでは
全員の向上を目的にしています。

是非一度内容をご覧ください。