ラグビーとジュニア世代

ジュニアアスリートトレーニング 担当の出井(出井)です。

最近ラグビーチームにも関わっています。

つい先日万博公園で
子供のラグビーの練習を
見る機会がありました。

コーチらしき方が
色んなダッシュのメニューをさせていました。

ラグビーと言えば
激しくぶつかり合うイメージですが、
実はパフォーマンスが高い人ほど
真正面から正直に
ぶつかることは減ってきます。

本当に必要なのは
ぶつかることよりも
幼少期から身のこなしを
いかに身につけるかなのです。

ジュニアアスリートでは
ラグビーやアメフトのような
コンタクトスポーツでも役に立つ
ステップワークのトレーニングなども
取り入れています。

是非興味が湧いた方は
体験からでもご参加ください。